WHAT'S TRIGGER FES?

TRIGGER FES 実行委員会

TRIGGER FES 実行委員会は、首都圏の様々な大学からの有志により構成される学生団体です。 企画に関わる全ての人にとって何かの「TRIGGER=きっかけ」となる空間やプロダクトを創り上げることを目的に活動しています。


これまでTRIGGER FESは、野外やライブハウスでの音楽イベントを企画・運営し、 学生アーティストを応援する活動に取り組んで参りました。団体発足から7年経った2018年、TRIGGER FESは新たな試みに挑戦し始めます。
それは「学生アーティストの枠組みの撤廃」です。 学生か否かにかかわらず、わたしたちが感じる音楽の可能性をイベントの開催を通して発信することにより、 音楽が生活の一部でありつつも特別なものになって欲しいと考えています。
また、学生アーティストの枠組みは撤廃しましたが、多くの人に気付かれていなくとも素晴らしい音楽を鳴らしているアーティストのライブを行うことを引き続き大切にしています。
私達の活動に少しでも興味のある方、賛同してくださる方、是非説明会にお越しください。

SECTION各部門の紹介

TRIGGER FES実行委員会は3つの部門に別れて活動しています。

企画部門

運営班・AP(Artist Promotion)班によって構成されています。イベントの企画を担います。

運営班

TRIGGER FES をつくる

各部門と連携し企画を取りまとめ、実現させる班です。
会場、音響照明などの設営の手配、当日の警備、運営など最前線で活躍しています。イベントの始まりから終わりまで空前絶後の働きを期待しています。

AP(Artist Promotion)班

心揺さぶる音を求めて

アーティストを探すため日々ライブハウスに足を運んでいます。
出演アーティストの選考、フリーペーパー掲載用アーティストインタビューを行っています。

広報渉外部門

広報班・渉外班によって形成されています。外部への広報、協賛案件を担う部門です。

広報班

多くの人に伝える為に

より多くの人に興味を持ってもらえるようにプロモーションやキャンペーンを計画、そして実行します。
団体及びイベントのイメージ戦略に加え、SNSの管理からWebメディア「TRIGGER MAGAZINE」の更新など細部に至るまで幅広く活動していま

渉外班

活動を根底から支える

団体活動に欠かせない資金を企業への渉外活動を通じて確保します。
様々な企業や団体と交渉を行いTRIGGER FESを言葉というツールを使用して発信していくことで、より多くの賛同・共感を得ることを目的とします。

制作部門

制作物及びWEBサイトの開発を担います。

見えるもの、感じるもの全て

WEBサイトやパンフレット、ポスター、チラシ、映像、フリーペーパーなどTRIGGER FES実行委員会が発信する制作物すべてに責任を負っています。