PAST EVENTS過去のイベント

thumbnail
TRIGGER FES 2019 WINTER

映像×音楽をテーマにあらゆる境界線をなくした。

37年間長きにわたって愛された新宿の街を離れ西永福へと移ったJAMでTRIGGER FESを開催。
映像と音楽との融合をコンセプトとして掲げ、VJアーティストの出演やフロアライブといった演出により新たな角度から音楽の楽しみ方を追求した。来場者・出演者などといったあらゆる境界線をなくしその場にいる人たちが同じ空間を共有できる1日をつくりあげた。

開催日2019年2月16日(土)
会場西永福JAM
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演18:00 / 18:30
出演アーティスト パソコン音楽クラブ / Lucky Kilimanjaro /
gato / Kroi / sadakata (VJ / from tomodati)
thumbnail
トリガーフェス ~銭湯編~

音楽銭湯にて音楽フェスを開催、新たな試みに挑戦。

  TRIGGER FES 史上初めての銭湯での開催、学生アーティストとプロアーティストの境界を無くすといった様々な意味での挑戦。TRIGGER FES の今後に繋がるような企画となった。銭湯という特別な環境のもと、完全生音でのライブを成功させた。

開催日2018年11月24日(土)
会場高円寺 なみのゆ
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演15:00 / 15:30
出演アーティスト ラッキーオールドサン / 伊藤暁里 (Taiko Super Kicks) / 髙浪 凌 (タカナミ) / いちやなぎ / ヤナセジロウ (betcover!!)
協賛企業戸田屋商店 / 株式会社クロイスターズ
フードなみのゆ おにぎり

thumbnail
TRIGGER FES 2018

様々なカルチャーが交差する渋谷で、ライブハウスを生かしたフェスの開催。

 様々なカルチャーが交差する渋谷WWWにて「ライブハウス×フェス」をテーマに”TRIGGER FES 2018”を開催。メインステージのゲストアーティストにはGateballers、TENDOUJI、The Wisely Brothers、学生アーティストにNo Buses、羊文学、渦の全6組を迎えた。ラウンジステージには、学生DJアーティストによるパフォーマンスや学生が手掛けたショートフィルムを上映。また、ロビーでは学生カメラマンによる写真展やコッペパンを販売するなど、TRIGGER FES史上初となる2ステージ制や音楽以外の要素をコンテンツとして企画し、室内型フェスを実現した。

開催日2018年2月10日(土)
会場渋谷WWW
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演14:00 / 14:30
出演アーティスト
< WWW >
Gateballers / The Wisely Brothers / TENDOUJI / No Buses / 羊文学 / 渦
DJ
< WWW β >
ryoma nakamura&yuuya fukuda /
Techno boo
映画小山内淳之助 監督 / 清水映莉花 監督
ロビー写真展Kaizaki Takumi / 末永麻緒 / 冨田朱音 /
ミヤザキイツキ / yudai
フードコッペパン専門店 Glam House

thumbnail
TRIGGER ROOM 2017

二度目のTRIGGER ROOMにて、さらなる音楽空間を再現。

 第2弾の”TRIGGER ROOM 2017″を新宿MARZにて開催。スペシャルゲストとして新体制となった踊ってばかりの国、ゲストアーティストにteto、学生アーティストには34(群馬)、トラッシュノイズ(大阪)の全4組を迎えた。あらゆるアーティストの「トリガー」であるライブハウスにて、ひとつの部屋にいるかのような一体感が生み出された一夜となった。

開催日2017年5月17日(水)
会場新宿 MARZ
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演18:00 / 18:30
出演アーティスト踊ってばかりの国 / teto /
34 (群馬) / トラッシュノイズ (大阪)

thumbnail
TRIGGER FES ’16

アイデンティティの交差点、渋谷の街で可能性を秘めた学生アーティストと今を輝くプロが出会う。

 渋谷CLUB QUATTROにて”TRIGGER FES’16″を開催。学生アーティストにSrv.Vinci(改名後はKing Gnu)、YUTORI-SEDAI。オープニングアクトとしてManhole New World、スペシャルゲストにはジャパニーズロックの救世主 ircleを迎えた。アイデンティティの交差点、渋谷の街で今を輝くゲストアーティストと可能性を秘めた学生アーティストたちが共演した。

開催日2016年12月14日(水)
会場SHIBUYA CLUB QUATTRO
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演18:00 / 18:30
出演アーティストircle / Manhole New World /
Srv.Vinci / YUTORI-SEDAI
※ Srv.Vinciは現在、King Gnuとして活動中。
thumbnail
TRIGGER ROOM 2016

『FES』から『ROOM』へ。新たな可能性を捜索。

 『FES』から『ROOM』というコンセプトのもとに行われた”TRIGGER ROOM 2016″は新宿MARZにて開催。学生アーティストにプールと銃口とk.k.houseの2組、TRIGGER FES枠にclimbgrow、スペシャルゲストには活動休止から復活を果たしたシュノーケルを迎えた。異彩を放つ4組のアーティストによるパフォーマンスはオーディエンスを湧かせ、熱量溢れる空間となった。

開催日2016年2月19日(金)
会場新宿 MARZ
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演17:30 / 18:00
出演アーティストシュノーケル / Climbglow /
プールと銃口 / k.k.house
thumbnail
WASEPIT 2015

豊洲PIT にて早稲田祭のプレイベントを共同開催。

 豊洲PITにて早稲田大学UBC、ROCK STEADY WASEDA、早稲田リンクスとの共同企画”WASEPIT”を早稲田祭のプレイベントとして開催した。新進気鋭のHipHopアイドルlyrical School、HipHop界を牽引しているスチャダラパー、歌手活動を再開し勢いに乗る80年代における伝説のアイドル森高千里が出演した。ファン待望のlyrical Schoolとスチャダラパーの対バン、かつて学園祭の女王と呼ばれた時代からさらにパワーアップして帰ってきた森高千里に歓声が湧いた。

開催日2015年11月2日(月)
会場豊洲 PIT
主催早稲田大学 UBC / ROCK STEADY WASEDA /
早稲田リンクス / TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演18:00 / 19:00
出演アーティスト 森高千里 / スチャダラパー / lyrical school
thumbnail
TRIGGER FES 2015 SPRING

音楽の聖地・日比谷野外音楽堂にて二度目の挑戦。

 ”TRIGGER FES 2015 SPRING”は、TRIGGER FES実行委員会にとって2度目となる聖地・日比谷野音での開催となった。全国予選を勝ち抜いた学生アーティストの東京パピーズ・Lucky Kilimanjaro、 トリガーフェス枠に”TRIGGER FES 2014 SUMMER”からDATS、さらにスペシャルゲストにZAZEN BOYS、清 竜人25を迎える。 異なるジャンルの入り混じるパフォーマンスがオーディエンスを巻き込み 、歓声の止まない独自の空間を作り出した。

開催日2015年4月26日(日)
会場日比谷野外音楽堂 / 日比谷公園
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演13:30 / 14:00
出演アーティストZAZEN BOYS / 清 竜人25 /
DATS / 東京パピーズ / Lucky Kilimanjaro
後援千代田区
協賛企業POCARI SWEWAT (大塚製薬株式会社) /
ZIMA / Corona / ハコスコ
フードエリジェス / ニックンロール / 竜風 /
Beat in Forest / TABELL
thumbnail
TRIGGER FES 2014 SUMMER

土壇場での会場変更も熱量は変わらず。

 TRIGGER FES 2014 SUMMER”はTRIGGER FES 実行委員会初となるチケットフリー企画として開催された。当初、代々木公園野外音楽ステージでの開催を予定されていたが、デング熱の影響により開催中止も危ぶまれ、会場を原宿ASTRO HALLへ移すこととなった。 学生アーティスト6組とスペシャルゲスト・SEBASTIAN X、片平里奈、さらにトリガーフェス枠としてShiggy Jr.を迎え、直前の会場変更にも関わらず溢れかえったオーディエンスの歓声と、アーティストのかき鳴らす轟音が途轍もない熱量を放ち、終始会場中に響き渡っていた。

開催日2014年9月10日(水)
会場原宿 ASTRO HALL
(代々木公園野外音楽ステージから変更)
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演13:30 / 14:00
出演アーティストSEBASTIAN X / 片平里菜 / Shiggy Jr. /
阿佐ヶ谷ロマンティクス / The Whoops /
ヨジョーハンズ / 藤正裕太 / バスクのスポーツ/ DATS

thumbnail
2013 早稲田祭

さらなる認知拡大を目指し、学園祭にて開催。

  TRIGGER FESの活動をより多くの人に知ってもらう為に、でんぱ組 inc.をゲストに早稲田祭にて企画を行う。学園祭ならではの学生の熱量を味方に、熱気溢れるステージを生み出した。

開催日2013年11月3日(日)
会場早稲田大学 大隈記念会堂
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演11:00 / 12:00
出演アーティストでんぱ組.inc :
古川未鈴 / 相沢梨紗 / 夢眠ねむ / 成瀬瑛美 / 最上もが / 藤咲彩音

thumbnail
TRIGGER FES 2013 SUMMER

団体発足以来の憧れの地、日比谷野外音楽堂にて開催。

  2013年夏。数々の伝説を生んで来た音楽の聖地、日比谷野外大音楽堂にて”TRIGGER FES 2013 SUMMER”が開催された。全国予選を勝ち抜いた3組の学生アーティストに、”TRIGGER FES 2012 SPRING”出場のGoodbye holidayを迎え、更にはスペシャルゲストとしてOKAMOTO’S、赤い公園、ハルカトミユキの出演も出演した。学生初の野音でのイベント開催ということで世間での注目度も高く、学生アーティスト達が普段小さなライブハウスでかき鳴らしている轟音を大勢を前にして野外に放つ姿は、まさにTRIGGER FESの設立理念を体現したものであった。

開催日2013年7月6日(土)
会場日比谷野外音楽堂 / 日比谷公園
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演18:00 / 18:30
出演アーティスト OKAMOTO’S / 赤い公園 / ハルカトミユキ /
Goodbye holiday / STELEOGRAM / 電波障害 / バイバイコヨーテ / THE PIPES
特設ステージ
(日比谷公園内)
関取花 / ハルカトミユキ /
早稲田大学 ラテンアメリカ協会 / 早稲田大学 魁響 / 水戸 部望広 / coiffeur(LaVoce所属) / Yokohama INSPIRES Drum & Bugle Corps / Dancing crew JADE / 杉恵ゆりか
後援千代田区 / SPACE SHOWER TV / M-ON! /
MTV / Festival Life / OTOTOY
協賛企業POCARI SWEWAT (大塚製薬株式会社) / New Balance / LOGOS / Disk Union / フタバ食品
thumbnail
TRIGGER FES 2013 WINTER

室内型フェス開催と、初めてのゲストアーティスト。

  TRIGGER FES 実行委員会二度目のイベントとなる”TRIGGER FES 2013 WINTER”は原宿クエストホールにて行われた。
スペシャルゲストとしてcinema staff、或る感覚を迎え、ライブハウスでは味わうことのできないようなフェスの雰囲気を創り出した。アーティストとオーディエンスのボルテージがクエストホール全体に充満し、真冬とは思えないほどの熱量に溢れたイベントとなった。

開催日2013年2月9日(土)
会場原宿クエストホール
主催TRIGGER FES 実行委員会
出演アーティスト cinema staff / 或る感覚 / airezias / OLD JOE /
ストロボスコープ / 東京Monochrome / Local Blue Sheeps / Lamp in terren / nami-hey!

thumbnail
TRIGGER FES 2012 SPRING

学生主催の野外フェスという実験、自企画への確かな手ごたえ。

 「学生の学生による学生の為の野外フェス」をテーマに 、TRIGGER FES 実行委員会が初めて主催した”TRIGGER FES 2012 SPRING”。
開催中止も検討されるほどの激しい雨の中、才能溢れる学生アーティストの放つ音楽とオーディエンスの歓声が一体となり、それまでになかった非日常空間を生み出した。学生ならではの純粋で真直な熱量の込もった、TRIGGER FESの幕開けにふさわしいイベントとなった。

開催日2012年5月3日(木) ※憲法記念日
会場上野恩賜公園 野外ステージ
主催TRIGGER FES 実行委員会
開場 / 開演14:00 / 15:00
出演アーティスト Azurite / I(アイ) / ローレルズ / ROP / Goodbye holiday /
tetra+ / NOGIKU 
※I(アイ)は現在、近藤真央とアイとして活動中